06
3
9
11
13
16
17
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

賃貸借契約の憂鬱

とある知合いから賃貸の部屋を解約するので
注意事項を教えてと尋ねられて色々相談に。

基本最初に貸主と結んだ賃貸借契約に基づく
内容に沿って進めていくわけですが、この契約書が
結構曲者だったりするわけで。

貸主と借主が結んだ賃貸借契約書ってのは有印私文書
であって法的拘束力は殆ど無くあくまでも契約者同士で
こうしましょうねぇ~という覚書みたいなもの。

ただし、契約の履行を無視するといざ裁判とかに
なったら確実に不利になるし余計な損失を被る
場合もあります。

だからと言って貸主が作った契約内容(ある程度法的根拠アリ)
通りにすべて従わなくてはならない訳じゃありません。
寧ろおかしいなと思う事項に関しては説明及び場合によっては
是正を求める事も大事です。

一般的には部屋の原状回復にかかる費用でこう言う問題が
出ますね。
実際過去裁判所で部屋の賃貸借は消費貸借契約なので
一般的な使用経年劣化での修繕費は家賃に含まれると
凡例が出た事があります。

契約書に記載の無い事項に関しては契約時に承諾したと
みなされない場合もあり自身に不利な要求に関しては
それを拒否して再度話し合う事も必要です。

面倒臭い事とは思いますがなるべく損をしない
契約解除を考えて実行してください。


プロフィール

harukuni1964

Author:harukuni1964
趣味と雑事の管理人

ウルトラシリーズと仮面ライダーシリーズ、及びガンプラをこよなく愛する昭和生まれのオジサンモデラー。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  

  

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

  


RAH MASSIVE2 BODY

RAH MASSIVE2 BODY
RAH NAKED2 BODY

RAH NAKED2 BODY