08
4
5
8
10
13
15
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

浪曼堂 ジャイアントロボ GR2編その2

暫く間が空きましたがGR2を一気に完成させます。

GR28.jpg

今回はエアブラシを使わずにドライブラシと
ウェザリングマスターを使って塗装していきます。

GR29.jpg  GR210.jpg

本体色が黒なのでシルバーでエッジの部分から
ドライブラシをかけていきます。

実写スーツの写真を見ながらブラシの程度を
調節して塗装していきます。

GR211.jpg  GR212.jpg

胴体部分も同じようにドライブラシをかけていきますが、
溶剤を染込ませたテッシュで拭き取ったり、またドライブラシ
をかけたりと調節しながら全体に塗装を施します。

GR213.jpg

足元はシルバーとサンドブラウンを使って
ウェザリングをします。

GR214.jpg

全体にウェザリングをかけ終わったら背部の
パーツを取り付けます。

GR215.jpg

仕上げにウェザリングマスターで汚しを
付け加えます。

GR216.jpg  GR217.jpg

煤汚れや土埃を少し強めに付けますが、
要所要所で強弱をつけるようにします。

GR218.jpg

全体にウェザリングをかけ終わったら
浪曼堂 GR2の完成です!!



浪曼堂 ジャイアントロボ GR2編

浪曼堂 ジャイアントロボVer2も一応完成しましたが、
ここでお供にコイツを作ってみようかと。

GR2.jpg

浪曼堂 ジャイアントロボシリーズ GR2です。
まぁ基本頭部と本体色が違うだけで後はロボと
全く一緒なので同じ様に作ってみます。

GR22.jpg

まずはバリ取り、ここも同じ作業です。

GR23.jpg

使う素体も同じ、RAH300の旧素体を使って
グリグリ動かしても壊れないようにします。

GR24.jpg  GR25.jpg

今一つ似てないなぁ~と思ってたら瞳の部分が
実際とは違うので、ガンダムマーカーを使って
写真を参考に瞳を書き直していきます。

GR26.jpg

足首も同じくボールジョイントを埋め込んで
可動範囲を広げます。

GR27.jpg

GR2には電飾を仕込まないのであとは一気に
組上げました。

次から塗装にはいります。


浪曼堂 ジャイアントロボVer2 その2

本体の組上げ作業ですが、ここで一工夫を。

GroboV212.jpg

足首にボールジョイントを仕込んで足首の可動範囲を
改善してみます。

GroboV213.jpg

ジョイントを仕込んでも足が長くならないように
長さを調節。
ジャイアントロボ(実写特撮)は短足でなきゃねぇ。

GroboV214.jpg

ロケットの電飾用電源とスイッチはココです、
頭部が取り外し出来るので簡単に電源の
ON/OFFや電池交換が出来るように。

GroboV215.jpg

細かい箇所の修正が済んだら一気に組上げ。
続いて塗装に入ります。

GroboV216.jpg

まずはスミ入れ、
前回と同じようにガンダムマーカーの極細ペン
のブラックとグレーを箇所によって使い分けます。

GroboV217.jpg  GroboV218.jpg

やっぱこのマーカー超便利!!
サッと書けるしはみ出しにくいので使い易いです。

GroboV219.jpg

続いてウェザリングですが、これも同じように
田宮のウェザリングマスターを使います。

GroboV220.jpg  GroboV221.jpg

前回のヤツを見直してみたら少し汚しが
諄かったように思えるので、今回は要所要所に
重点を置いて他は軽めに抑えて汚します。

GroboV222.jpg

汚しては拭き取りを繰り返してウェザリングを
調整していきます。

GroboV223.jpg

最後にサンドイエローを薄目に溶いてブラシで
土跳ねの汚れを付け加え塗装は完了。

GroboV224.jpg

最後にクリアーパーツを付けて・・・

GroboV225.jpg

浪漫堂 ジャイアントロボ Ver2の完成です。。。


っと言いたい所ですが、実はもう少し何か工夫したいのと
あと一つ付合せを作る事にします。


浪曼堂 ジャイアントロボVer2 その1


GroboV2.jpg

以前にも作製した浪曼堂のジャイアントロボですが、
前回の時は素体を変更して簡単に仕上げてみましたが
今回はもう少し手を入れて作製してみようと思います。

GroboV22.jpg

基本の作製手順は同じ、丁寧にパーツからバリを
取り除いていきます。

GroboV23.jpg

今回使うのはRAH300の素体、前回はRAH301改を
使用しましたがもっとガシガシ動かしてみたいので可動に
強い素体を使ってみました。

GroboV24.jpg

試しに着せて可動をチェック。
可動範囲はそんなに変化はありませんが
破損を危惧する事無く動かせるが良いです。

GroboV25.jpg

ロケット部分ですが、LEDを仕込んで
発光するようにします。

GroboV26.jpg  GroboV27.jpg

市販のパーツにLEDを設置してロケットのノズル
部分に設置します。

GroboV28.jpg

仕込み終わったらロケット部分を先に塗装、
今回は敢て筆塗りにして多少のムラを出してます。
そうする方がよりプロップに近くなるような気が
したので。

GroboV29.jpg  GroboV210.jpg

本体に配線用の穴を開けて線を通してロケットを接着、
テスト発光してみましたが、丁度いいですね。
噴射のエフェクトパーツがあれば尚の事良いんですが・・・
後で何かないか探してみよう。

GroboV211.jpg

パーツの切り出しをして本体とパーツの合具合を
調整しながら各部に取り付けていきます。


つづく。

浪曼堂 ジャイアントロボ 完成

ロボのレビューすっかり忘れてたっ!


romanrobo22_20140126105917620.jpg  romanrobo23_20140126105917ac5.jpg

今回の改修は素体変更とリアルな仕上げ。
元々のキットが実写スーツに近い出来栄えなので
あまり手を加えずにポイントを押さえて作りました。

romanrobo26.jpg  romanrobo25.jpg

付属の針金素体を使えば可動範囲も違ったんでしょうが
RAH301改を使用する事によって敢て範囲を絞る方が
より雰囲気が実写に近くなりますよ。


んで、ここからは・・・



romanrobo27.jpg

総天然色イーストマンカラー

「ゴジラ対ジャイアントロボ」・・・(´∀`;)

romanrobo28.jpg  romanrobo29.jpg

いや、サイズが丁度良かったんでつい、
でもからませると楽しいよ。

romanrobo30.jpg

浪曼堂のこのシリーズは初めて作りましたが
中々どうして作り応えもありますしキット自体の
出来も良いので楽しめました。



さてコイツもこれにて御終い、次いきますか。。。


プロフィール

harukuni1964

Author:harukuni1964
趣味と雑事の管理人

ウルトラシリーズと仮面ライダーシリーズ、及びガンプラをこよなく愛する昭和生まれのオジサンモデラー。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  

  

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

  


RAH MASSIVE2 BODY

RAH MASSIVE2 BODY
RAH NAKED2 BODY

RAH NAKED2 BODY